薄毛の治療のひとつとしてある意味最終手段と言われているのが自毛植毛で、要するに自分の髪の毛を薄くなっている部分に移植する事で発毛や育毛をさせよう!という簡単に言ってしまえば自家栽培のような治療方法です。これを実践した人たちの評判は結構高くて人気があるのですが、実は芸能人の中にも自毛植毛をしたと公にしている人やそんなうわさがある人たちがたくさんいると言うのをご存知ですか?
まず自毛植毛しました!と公に公開している芸能人としては中野浩一、ギャオス内藤、やくみつる、ウェイン・マーク・ルーニー、露木茂などが挙げられています。いずれも自分たちから薄毛の治療を行っていると言う事を明かしていて、治療前と治療後の写真なども公開されています。そんな彼らの評判としては薄毛だったことや自毛植毛をしたということで特に下がったと言う事はなく、むしろ自毛植毛の宣伝や広告塔としてハゲは治す事ができるという勇気を与えたと高く評価されています。
ほかにも自毛植毛したんじゃないの?と噂されている芸能人としてはどんな人がいるのかと言うと、例えばダンスユニットDA PUMPのメンバーであるISSAは元々スキンヘッドだったのですが、後日撮影された写真ではヘアラインなども変化した頭髪になっていたので植毛したんじゃないのか?という噂があります。これに関しては可能性がかなり濃厚だと言われているのですが、実際のところは本人が公表していないので不明となっているようですね。
また世間を騒がせているSMAPの中居正広はテレビ番組で薄毛の悩みを公表しており、その後毛量が明らかに増えたと言う事で薄毛治療を始めたのでは?と噂されています。ただしこっちの場合は自毛植毛かどうかは不明となっているので、もしかしたら投薬治療と植毛を併用した可能性もあるんじゃないのか?と噂されています。こちらも本人が公表していないので、真実は不明となっていますが可能性は高いんじゃないかとファンの間でも話題になっています。


薄毛の悩みを抱えている人は、早めに対処をする必要があります。髪の毛というのは、一度抜け始めるようになると、急速に抜け落ちてしまうものなのです。まだ減ってきたばかりだから大丈夫だろうと油断していると、あっという間に悩みが大きくなってしまいます。ただし、どのような方法で対処しても同じような効果を得られるというわけではないため、注意が必要です。薄毛に対処する方法には、数多くの方法があります。
すぐに思い浮かぶ方法としては、育毛剤のような商品を使用する方法が挙げられます。しかし、他にも注目されている方法があって、利用している人も増えているのです。たとえば、自毛植毛という方法です。自毛植毛というと、初めての人にとっては馴染みの薄い方法ですが、薄毛に対処する方法として適しているという評判があります。どのような評判があるのかを知っておくと、これから薄毛に対処しようとする際の選択肢が広がって良いです。
どのような方法を用いるのが適しているのかは、人によって異なっています。それぞれの方法について、メリットとデメリットをきちんと理解しておくことが大切です。自毛植毛の場合、自分の毛を用いて処理を進めていくため、他の方法を用いるのとは異なり、拒絶反応が出てしまうリスクが小さくなります。安心して始めることができる点こそ、自毛植毛のメリットだと言えるわけです。育毛剤の副作用などが気になっている人は、安心感のある自毛植毛に取り組んでみると良いです。
また、男性型脱毛症という症状に悩まされている場合、対処方法として効果が期待できる方法は限られてしまいます。なかなか男性型脱毛症の症状が改善しない人は、適切な方法を用いていない可能性があります。自毛植毛は、男性型脱毛症に対処する際に効果が期待できる方法の1つです。自毛植毛は地道に取り組む根気強さが求められる方法ですが、効果が期待できる点で評判が良くなっているのです。

自分の髪の毛を使って植毛を行う「自毛植毛」は、近年になって開発された技術だと思われがちですが、実はその歴史は古くおおよそ1800年代には始められていました。
自毛植毛は日本での認知度は低いのですが、ヨーロッパなど海外において脱毛の治療に皮膚移植が提案され始めて、様々な手術方法が考案されてきました。当時は毛根のある皮膚を10センチほどの幅に切り取り移植していたので、手術の痕がたいへん目立っていましたが、その後主にアメリカで研究が進み、現在のように移植する頭皮を「株」や「一本」単位で切り取る技術が発達し、皮膚を切り取ったところも植毛した部位もだんだん目立たなくなってきました。
日本でも1930年代に自毛植毛の手術に関する優れた研究が行われるようになりましたが、戦争が起きたことで残念ながらその成果が世界に知られることはありませんでした。
その後 1959年にノーマン・オレントライヒというアメリカの医師による男性型脱毛症の手術治療法が確立します。これは1939年に日本人医師、奥田庄二が発表した植毛の研究の成果を男性型脱毛症への手術治療法として発展させたもので、1970年以降に奥田・オレントライヒ法として世界中に広がり、これが自毛植毛手術の幕開けになりました。
1992年にブラジルの医師、ウェペルが小さくした植毛株を1000株以上植毛するメガセッションを可能にしてから、自毛植毛の技術が急激に進歩を遂げ、1993年にアメリカのダラスで世界初の国際毛髪外科学会が開かれ、約数千人規模の学会となり自毛植毛の医療技術が世界的に注目されるようになりました。
1990年代には、不自然さが改良されて現在のように自然な仕上がりを期待できる1本単位の植毛が可能になり、手術の傷跡がほとんど目立たない手術法が確立した自毛植毛ですが、その技術は日を追うごとに向上し、さらに自然でより痛みを伴わない技法へと進化を続けています。


髪の毛が抜けてしまう原因には、いろいろなものがあります。また、どの部分から抜けてくるかについても、人によって異なっているのです。したがって、抜け毛に対処するときは自分に最も適した方法を考える必要があります。他の人に最適だった方法が、自分にも最適な方法とは限らないわけです。髪の毛の悩みとして目立っているものには、頭頂部の薄毛やm字が挙げられます。抜け始めたばかりの段階であれば、市販されている育毛剤などを用いた処理をするだけで元通りになることも多いですが、抜け毛が進行してから対処する際は、育毛剤だけでは足りないことがあります。
注目を集めている抜け毛対策の方法として挙げられるのは、自毛植毛という方法です。育毛剤が最も効果的だと考えている人は、自毛植毛なんて意味がないものだと思ってしまいますが、意外と高い効果が期待できることを知っておく必要があります。もちろん、やみくもに自毛植毛をするのでは意味がありません。自毛植毛について、正しい知識を身につけることが大切なのです。抜け毛の状態によっては、自毛植毛で対処するのが向いていないこともあるのですが、m字の悩みには効果が期待できることがあります。ただし、どこで自毛植毛の処理を行うかを慎重に決めることが大切です。
当然のことですが、m字の悩みの程度には個人差があります。初期の段階に対処を始めるのと、症状が進行してから対処を始めるのとでは、処理にかかる時間も費用も大きく変わってしまうのです。だからこそ、できるだけ早い段階で対処する必要があると言えます。自毛植毛に取り組む場合は、しっかりとした技術力のあるクリニックを探すようにしなければなりません。いくら効果が期待できる方法でも、技術力の低いクリニックで処置を受けてしまうのでは効果が薄れてしまいます。m字の部分は抜け毛が目立ちやすい部分なので、早い段階で適切な自毛植毛の処理を行うことが不可欠なのです。
入学前に知っておきたい!大学生のための一人暮らし情報サイト

薄毛を発症する原因には様々なものがあり、例えば皮脂やフケなどが毛な詰まりを起こしたり、生活習慣によって頭皮の血行悪化やホルモンのバランスが乱れてしまったり、さらにAGAという病気によって薄毛が引き起こされてしまう場合もあります。いずれのケースにしても薄毛が進むと次第に毛根にある毛包が縮小し、最終的には消滅してしまい、この段階に入ると失った頭髪を取り戻すことが極めて困難になってしまいます。

しかしこの場に及んでもまだ有効な手法は残されており、薄毛治療の専門クリニックが提供する植毛施術はその最たるものと言えるでしょう。植毛には自毛植毛と人工毛植毛とが存在し、それぞれに違いがあります。まず人工毛植毛はナイロン製の人工毛を頭皮に植え込んでいく作業を伴いますが、費用の面でも人工毛は一本数百円程度で手に入れることができ、スピーディーかつ手軽に失った毛を取り戻すことが可能です。ただし、人工毛ゆえに植え込んだ頭髪が永久に根付くことはなく、一年ほどで抜け落ちてしまうので、定期的な植え替えやメンテナンスが不可欠となります。

一方の自毛植毛は薄毛に侵されていない健康的な自毛を根っこの毛包ごと丁寧に採取して、これを薄毛部分の頭皮に小さな穴を開けて植え込んでいく作業を伴います。以外と手間と技術を伴うためにそれなりの時間と費用がかかることは当然ですが、一本あたり1500円をくだらない計算となるために、それに見合った予算が必要となります。ただし、このようにして健康的な自毛を植え込んでいくわけですから、これが無事に頭皮に定着できたならば遺伝子情報も一致するので一生ものの頭髪として成長していく可能性も十分にありえます。順調に定着できると人工毛植毛のような植え替えやメンテナンスなども必要ありませんので、トータルで換算するとかえって安上がりになる場合もあるでしょう。

このように自毛植毛と人工毛植毛にはそれぞれにメリット、デメリットを伴った違いがあるので、それらをしっかりと踏まえた上で自分に最適のものを選ぶことが求められるのです。


自毛植毛でも失敗する可能性はあります。例えば傷口が目立つことです。自毛植毛をした多くの人が、自然な髪型になることを望んでいます。しかし頭皮を切開した時にできた傷跡が大きく残ってしまうと、いかにも植毛手術をしたように見えるので、周囲の目が気になることがあります。傷口の状態や体質によってはケロイドになるので、薄毛である以上にコンプレックスになりやすいです。これを避けるためには頭皮を切開する必要のない術式を検討することが挙げられます。また医師の技術力不足で傷口が大きくなることもあるので、実績が豊富なクリニックで手術を受けることも大切です。
医師の技術力不足は、不自然な生え際を作る原因にもなります。一般的な生え際は緩やかにカーブしていますが、下手な医師が担当すると直線的に植えてしまうなどの失敗に陥ります。髪質を考慮しないで植えると、硬い髪の毛と柔らかい髪の毛がまばらになって不自然です。
植毛では定着率という言葉が重要です。これはドナーがしっかり根付く確率のことで、自毛植毛は定着率が高いとされます。しかし医師によってはドナーを採取する時に毛根を傷つけて無駄にすることがあります。自毛植毛ではドナーは自分の髪の毛なので、無限に用意することができません。
何度も失敗されるとドナーとなる髪の毛が足りなくなります。手術をすればするほど経済的な負担もかかります。よく失敗と勘違いされるのが、ショックロスです。これは一時的に髪の毛が抜け落ちることで、放置すれば定着した髪の毛が成長を始めるので、ボリュームのある髪型になります。
ショックロスが起こる原因は植毛手術で麻酔を使うためとされるので、植毛をした場所以外で抜け毛は増えません。心当たりがない場所で大量の抜け毛が起こった場合は、一時的なものではなく薄毛が進行している可能性があります。AGAが進行している時は、クリニックに相談して治療薬を服用するなどの対処が必要です。

自分の毛根を移植する自毛植毛ですが、一回植毛してしまえば手入れも不要で髪型も自由と言うメリットがあっても、もし同僚や友人にばれてしまった時のことを考えると恥ずかしくて踏み切れない、という人もいるかと思います。確かに自然な仕上がりで髪の毛がはげる前の自分に戻れたとしても、突然ふさふさに変身したらバレバレですよね。
でも大丈夫です。自毛植毛ははげ対策の中でも発毛効果とばれにくさを兼ね備えている方法なんです。まずいきなり髪の毛が増えたら不自然じゃないのかという疑問ですが、自毛植毛の場合は通常の植毛とは異なり、後頭部から髪の毛が育つための細胞を移植するものですから、手術を行ってから髪の毛が生え始めるまでに時間がかかるのです。だから一気にボリュームを出したり、すぐに地肌が透けなくなったりはしませんが、その分不自然さがないのでばれるリスクはその分少なくなります。大体効果を実感し始めるまでに数か月、髪の毛のボリュームが変わったことが自覚できるまでに半年から一年近くは要します。髪の毛が増えてきたと指摘されたら、地道は薄毛対策や頭皮ケアをしていたらふさふさになったと誤魔化しても通用するでしょう。
頭皮に残った傷跡で目立つせいで、ばれることが心配な場合も安心してください。治療の時には傷跡ができるだけ残らないように配慮してくれますし、後頭部でも下の方などから移植するための株を採取しますから、傷そのものが目立ちにくい場所です。再手法によっては、メスを使わずに傷跡ができないものもあります。
カツラや植毛の場合は人工の髪の毛なので、ナチュラルに作ってあるものでも本物の髪の毛と一緒に並んでいると多少の違和感があることがありますが、自毛植毛なら自分の髪の毛ですし、移植した後は普通に成長して髪型も自在にセットできるので、違和感がありません。毛質が特定のところだけ明らかに違う、といったちぐはぐなことにはならないのです。
M字はげ 育毛剤ランキング


自毛植毛は薄毛治療としては極めて高額な治療法であり、植毛する本数や選ぶ方法によっては100万円などの費用がかかることもあります。
その治療負担を考えると「保険を適用することは出来ないのか」と考えるのも自然なことと言えるのですが、残念ながら自毛植毛については現在だと保険適用の対象になっていませんし、今後も保険適用になる可能性はほとんど無いと言って良いでしょう。
この理由としては現在の日本の医療保険制度のルールが関係していて、現在のルールだと「健康を保つための治療にのみ適用される」というようになっています。
実際には歯科のインプラント治療のように、難病や事故などが原因で治療が必要になった場合には特別に適用対象になるということもあるのですが、薄毛治療に関してはほぼ間違いなく審美目的の治療として扱われます。
これは整形手術などと同じカテゴリに入っているということですから、外見を改善するための自毛植毛に対して保険が適用されることは無いわけです。
また今後のことを踏まえても、日本は国の医療費負担の抑制にむけて政策を考える傾向が強くあります。
もちろん命を守るために効果的な治療があり、そのために高い費用負担が発生するということであれば新しく保険適用対象になることはあり得るでしょうが、自毛植毛に関してはやはり審美目的の治療であり、適用対象にすると国の医療費負担が増加するために保険の適用対象にはならないと考えられるのです。
従って自毛植毛の治療に関して必要になる費用は全額、自分で負担しなくてはならないということになります。
ただ最近だとメディカルローンを組むこともできるようになっていますから、全額の一括支払いが出来ない場合にはメディカルローンを組んで支払うというのもありでしょう。
あとはクリニック間での競争も激しくなりつつあるため、価格がさらに下がることを期待することも出来ます。
何にせよ保険適用にすることは出来ないのですから、上手く支払う方法を考えた方が良いでしょう。