自毛植毛で失敗する可能性はある?


自毛植毛でも失敗する可能性はあります。例えば傷口が目立つことです。自毛植毛をした多くの人が、自然な髪型になることを望んでいます。しかし頭皮を切開した時にできた傷跡が大きく残ってしまうと、いかにも植毛手術をしたように見えるので、周囲の目が気になることがあります。傷口の状態や体質によってはケロイドになるので、薄毛である以上にコンプレックスになりやすいです。これを避けるためには頭皮を切開する必要のない術式を検討することが挙げられます。また医師の技術力不足で傷口が大きくなることもあるので、実績が豊富なクリニックで手術を受けることも大切です。
医師の技術力不足は、不自然な生え際を作る原因にもなります。一般的な生え際は緩やかにカーブしていますが、下手な医師が担当すると直線的に植えてしまうなどの失敗に陥ります。髪質を考慮しないで植えると、硬い髪の毛と柔らかい髪の毛がまばらになって不自然です。
植毛では定着率という言葉が重要です。これはドナーがしっかり根付く確率のことで、自毛植毛は定着率が高いとされます。しかし医師によってはドナーを採取する時に毛根を傷つけて無駄にすることがあります。自毛植毛ではドナーは自分の髪の毛なので、無限に用意することができません。
何度も失敗されるとドナーとなる髪の毛が足りなくなります。手術をすればするほど経済的な負担もかかります。よく失敗と勘違いされるのが、ショックロスです。これは一時的に髪の毛が抜け落ちることで、放置すれば定着した髪の毛が成長を始めるので、ボリュームのある髪型になります。
ショックロスが起こる原因は植毛手術で麻酔を使うためとされるので、植毛をした場所以外で抜け毛は増えません。心当たりがない場所で大量の抜け毛が起こった場合は、一時的なものではなく薄毛が進行している可能性があります。AGAが進行している時は、クリニックに相談して治療薬を服用するなどの対処が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です