自毛植毛と人工毛植毛の違い

薄毛を発症する原因には様々なものがあり、例えば皮脂やフケなどが毛な詰まりを起こしたり、生活習慣によって頭皮の血行悪化やホルモンのバランスが乱れてしまったり、さらにAGAという病気によって薄毛が引き起こされてしまう場合もあります。いずれのケースにしても薄毛が進むと次第に毛根にある毛包が縮小し、最終的には消滅してしまい、この段階に入ると失った頭髪を取り戻すことが極めて困難になってしまいます。

しかしこの場に及んでもまだ有効な手法は残されており、薄毛治療の専門クリニックが提供する植毛施術はその最たるものと言えるでしょう。植毛には自毛植毛と人工毛植毛とが存在し、それぞれに違いがあります。まず人工毛植毛はナイロン製の人工毛を頭皮に植え込んでいく作業を伴いますが、費用の面でも人工毛は一本数百円程度で手に入れることができ、スピーディーかつ手軽に失った毛を取り戻すことが可能です。ただし、人工毛ゆえに植え込んだ頭髪が永久に根付くことはなく、一年ほどで抜け落ちてしまうので、定期的な植え替えやメンテナンスが不可欠となります。

一方の自毛植毛は薄毛に侵されていない健康的な自毛を根っこの毛包ごと丁寧に採取して、これを薄毛部分の頭皮に小さな穴を開けて植え込んでいく作業を伴います。以外と手間と技術を伴うためにそれなりの時間と費用がかかることは当然ですが、一本あたり1500円をくだらない計算となるために、それに見合った予算が必要となります。ただし、このようにして健康的な自毛を植え込んでいくわけですから、これが無事に頭皮に定着できたならば遺伝子情報も一致するので一生ものの頭髪として成長していく可能性も十分にありえます。順調に定着できると人工毛植毛のような植え替えやメンテナンスなども必要ありませんので、トータルで換算するとかえって安上がりになる場合もあるでしょう。

このように自毛植毛と人工毛植毛にはそれぞれにメリット、デメリットを伴った違いがあるので、それらをしっかりと踏まえた上で自分に最適のものを選ぶことが求められるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です