自毛植毛の歴史

自分の髪の毛を使って植毛を行う「自毛植毛」は、近年になって開発された技術だと思われがちですが、実はその歴史は古くおおよそ1800年代には始められていました。
自毛植毛は日本での認知度は低いのですが、ヨーロッパなど海外において脱毛の治療に皮膚移植が提案され始めて、様々な手術方法が考案されてきました。当時は毛根のある皮膚を10センチほどの幅に切り取り移植していたので、手術の痕がたいへん目立っていましたが、その後主にアメリカで研究が進み、現在のように移植する頭皮を「株」や「一本」単位で切り取る技術が発達し、皮膚を切り取ったところも植毛した部位もだんだん目立たなくなってきました。
日本でも1930年代に自毛植毛の手術に関する優れた研究が行われるようになりましたが、戦争が起きたことで残念ながらその成果が世界に知られることはありませんでした。
その後 1959年にノーマン・オレントライヒというアメリカの医師による男性型脱毛症の手術治療法が確立します。これは1939年に日本人医師、奥田庄二が発表した植毛の研究の成果を男性型脱毛症への手術治療法として発展させたもので、1970年以降に奥田・オレントライヒ法として世界中に広がり、これが自毛植毛手術の幕開けになりました。
1992年にブラジルの医師、ウェペルが小さくした植毛株を1000株以上植毛するメガセッションを可能にしてから、自毛植毛の技術が急激に進歩を遂げ、1993年にアメリカのダラスで世界初の国際毛髪外科学会が開かれ、約数千人規模の学会となり自毛植毛の医療技術が世界的に注目されるようになりました。
1990年代には、不自然さが改良されて現在のように自然な仕上がりを期待できる1本単位の植毛が可能になり、手術の傷跡がほとんど目立たない手術法が確立した自毛植毛ですが、その技術は日を追うごとに向上し、さらに自然でより痛みを伴わない技法へと進化を続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です